japan ruski espanol italiano francais english deutsch

スピリチュアル&フィジカルライフな庭

この読者は、様々なカタログや文献に既に目を通されていることでしょう。私の作品である、息をのむような中庭の写真も目にして頂いていたら幸いです。自分もカタログのような庭を持ちたいと思い、そもそもこんな理由でデザインされた庭を持つことができるのだろうか? と一瞬疑問が浮かんだのではないでしょうか。私は、できると信じています。とはいえ、あなた自身が本当にそのような空間を望んでいるかどうかがポイントになります。

そのような庭は、すでに存在してます。自分自身のために庭をデザインをして実際に造った人はいるのです。だから私はあなたに質問します。自分好みにデザインした庭や中庭あるいは庭地作りをしてみたい、そのような経験をしたいと思わない理由は何ですか?

庭のプール
砂利
家の外玄関ホール




 

個人のお宅の屋外エリアは独特なので、その内容や形状はそこに滞在する個人の要望により異なります。多くの場合がそうですが、中庭に複数の人が滞在する、または滞在する予定がある場合には、形状と内容は全ての人の特徴、もしくは少なくとも世帯家族ほとんどのメンバーの特徴に対応していなくてはなりません。かといって、そのために一般的なデザインにするべきではありません。一般的にデザインされた屋外エリアは商業用または公共スペースであり、そのように計画された空間と中庭は多くの共通点を持つべきではありません。

 




中庭
斑岩スラブ
日本庭園




 

プライベートな中庭は1つまたはそれ以上の個々のユニットから成り立つべきであり、それは使用する人数と興味によるため1つのユニットは複数の別々の要素から作られます。必須ではないですが、フィジカルなつながりを要し、基本的なユニットを離れない方法においては、他のユニットの要素とからみ合わせる必要があります。複数の個々のユニットを調和させ統合することで、見て感じるものとは対照に、観察することで感じる調和が実現します。

実際には、庭または庭地を見て、男性には庭の一角にバーベキューと冷蔵庫を置いて、肉などを焼きながら自慢げな光景を思い浮かべる人が多いのです。同じ空間でも女性は喜びとくつろぎのある静かな家に安全と安心が感じたいと望みます。子どもは遊ぶことが大好きです。当然のことながら、ここでは3つの標準的なユニットを扱い、さらに特定の使用者の特徴を独特の方法で調整した場合、それらは個々になり、共通する空間を統合することで調和が実現します。

 




木の階段
ブナ属
魚のための湖




 

私が言及した調和を全ての人が自分の中庭に求めているというわけではありません。多くの人が、様々な手法の全く異なる空間に満足し、楽しんでいます。自ら平穏または興奮を引き寄せているのです。しかし、私達の貴重な時間を過ごす空間のデザインへのアイデアを作成している間、全ての使用者のニーズと周辺の両方を気にかけることは非常に重要です。さらに、私達が楽しむ空間への願望は、他人のニーズや喜びを途絶するということではありません。

 




城
裏庭
石造家屋




 

庭は実際には施設の一部で、同時にその土地の環境に属するものであり、しかし自然そのものでもあり、私達が暮らしている施設と比べてみると、動的で、そこに滞在する人の心の状態を映し出す鏡のような存在です。面白い屋外空間が存在し、少しの間そこにいるとしても永久に滞在することはなく、またはデザインと建設の間の予見もできません。

 




庭園家具
庭、リラックスする場所
美的要素と組成




 

個人の空間を更に個別に作るために、制作表現の洗練された感性や知識は必要ありません。――先入観、羞恥心、批判への恐れ、自己批判、権限を取払い、自分が本当に持ちたい庭は何かという自由を発見します。そのために、自分の中にある心からの要望を深く探ることが重要です。

 




木造家屋
中庭で禅の庭.
庭の照明




 

何かを熱望することは、ルール、苦闘、ゴールへの道、他人が最も熱望するかもしれない何かなどといった一般的なものを含みます。願望はより個人的なものであり、私達全員が奥深く持っています。願望は、測ったり、他のものと比べたりすることはできません。しかし、私達の願望は奥深く抑圧されていることが多く、日々の生活に覆い隠され、私達からは見えなくなっているのです。私達は願望の内容と強さを影響させることはできず、無視するか、願望に沿うことしかできません。

 




近代的な建物
ガーデンデザインのアイデア
庭のデザインアイデア




 

この読者の方は個人の空間のデザインについて検討していると思うのですが、あなたの庭または中庭が1平方メートルであろうと、数千平方メートルであろうと、大きさは全く関係ありません。精通している空間、そして見つけた空間をあなたはあなたなりの方法で直感的に知覚しています。自分自身を日常と仮定から遠ざけ、自分の願望を見つけ出し、願望をフィジカルまたは空想的に満たします。その架空の世界に入り、内側から世界を観察します。喜びの感覚は、あなたが自分自身で近づくことができたように強くなります。

私の活動が、庭のデザイン、さらにあなたが暮らす環境の役に立ちましたら幸いです。

Author: Mirko Stijaković